メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

全米女王、ブレイディ・テネル独占取材──「大阪の観客が力をくれた」

進化し続ける秘密は、「ぼくの目を見て」という振付師の注意

田村明子 ノンフィクションライター、翻訳家

 ニューヨークで、ブノア・リショー氏と新プログラムの振付を行っていたフィギュアスケート全米チャンピオン、ブレイディ・テネルが本サイトの独占取材に応じた。ロシアのティーンエイジャーに注目が集まりがちの中で、安定した演技を見せて上位入賞を続けてきた23歳のベテラン選手である。

撮影用に特別にマスクをはずしてもらいました拡大全米チャンピオンに返り咲いたブレイディ・テネル=撮影・筆者(撮影用に特別にマスクをはずしてもらいました)

 日本から帰国した後、自己隔離を終えて、ニューヨークに到着したばかりだというテネル。数週間前の大阪での国別対抗戦を、こう振り返った。

 「今シーズン、たとえ無観客でも試合に出るのは楽しかったです。でもやはり、会場にお客さんが入っていた国別対抗戦は最高でした。SPの時にお客さんが手拍子をしてくれて、何て楽しいのだろう、と喜びを噛みしめました。過去1年以上、ああいう雰囲気を経験していなかったので、観客の声援を聞いて本当に力をもらったんです」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田村明子

田村明子(たむら・あきこ) ノンフィクションライター、翻訳家

盛岡市生まれ。中学卒業後、単身でアメリカ留学。ニューヨークの美大を卒業後、出版社勤務などを経て、ニューヨークを拠点に執筆活動を始める。1993年からフィギュアスケートを取材し、98年の長野冬季五輪では運営委員を務める。著書『挑戦者たち――男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で、2018年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。ほかに『パーフェクトプログラム――日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』、『銀盤の軌跡――フィギュアスケート日本 ソチ五輪への道』(ともに新潮社)などスケート関係のほか、『聞き上手の英会話――英語がニガテでもうまくいく!』(KADOKAWA)、『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)など英会話の著書、訳書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

田村明子の記事

もっと見る