メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「100日後に死ぬワニ」はなぜターゲットにされるのか

「あくまでもネットのネタだから」と気軽に嘲笑し叩いた結果は

赤木智弘 フリーライター

100日後に総スカンを食ったワニ

 あまりにばかばかしい一方で、確実に映画館にダメージを与えるこのようなイタズラに対して、ネットからも批判の声が上がっている。

 では、どうして今回このようなイタズラが発生したのだろうか。それは今回の『100日間生きたワニ』という映画に対してずっと粘着し続けている人たちがいるからである。

 今回の映画の原作である『100日後に死ぬワニ』は

・・・ログインして読む
(残り:約1403文字/本文:約2669文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

赤木智弘

赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター

1975年生まれ。著書に『若者を見殺しにする国』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』、共著書に『下流中年』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

赤木智弘の記事

もっと見る