メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

松坂大輔は「球界の救世主」だった──野球人気の回復から球数制限まで

氏原英明 スポーツジャーナリスト

松坂が起こした球児のスピード革命

 もっとも、松坂が起こしたのは高校野球人気の回復だけではない。

 投手のスピード革命だ。

・・・ログインして読む
(残り:約2873文字/本文:約4298文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

氏原英明

氏原英明(うじはら・ひであき) スポーツジャーナリスト

1977年、ブラジル・サンパウロ生まれ。奈良新聞記者を経て、2003年からフリーランスに。著書に『甲子園という病』(新潮新書)。『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋)の企画・構成を担当している。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです