メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「ひげそりの貧困」は誰のために言っているのか

男性の貧困問題は女性や老人や子供の貧困問題を貶めるための材料ではない

赤木智弘 フリーライター

女性の貧困問題を相対化、矮小化

 ではなぜ、わざわざ議員はこのような無理筋な主張をしたのだろうか。

 それはアメリカで発生した「Black Lives Matter」に対して「すべての人の命が大事だ」とする「All Lives Matter」を叫ぶ人が出てきたのと同じ意味合いで

・・・ログインして読む
(残り:約1350文字/本文:約3216文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

赤木智弘

赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター

1975年生まれ。著書に『若者を見殺しにする国』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』、共著書に『下流中年』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

赤木智弘の記事

もっと見る