メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

早くも正念場のサッカー日本代表~W杯アジア最終予選、1敗も許されぬ10月連戦へ

7大会連続出場は? 常に過酷だった過去の最終予選を思い起こす

増島みどり スポーツライター

拡大アジア最終予選の初戦・オマーン戦でミドルシュートを放つ大迫。日本代表は0-1で敗れた=2021年9月2日、パナソニックスタジアム吹田

異例の代表発表 視察先の欧州からオンライン会見

拡大森保一監督
 すでに2試合を消化した、22年W杯カタール大会に向けたアジア最終予選の、10月2連戦(7日アウェーでサウジアラビア、12日埼玉でオーストラリア戦)のメンバー発表は、コロナ禍の影響で初めて、森保一監督(53)が視察中の欧州から(現地午前)オンラインで行う異例の形で実施された。

 9月7日にドーハ(カタール)で同予選中国戦(1-0で勝利)を終えた森保監督ら代表スタッフは、帰国に伴う隔離時期を経て再度、サウジアラビアに向かう手続きの難しさを避けて、カタールから欧州へ直行。ドイツのデュッセルドルフに日本協会が置いた欧州オフィスを拠点に、車で移動できる範囲で選手たちを訪問、試合を視察するなどして情報を収集した。

 スペインのマジョルカに在籍する久保建英とスコットランドのセルティックスの古橋享梧(ふるはし・きょうご)は負傷で、ベルギーのヘンク在籍の伊東純也は累積警告のため欠場(サウジアラビアで合流し豪州戦には出場可能)する。

拡大アジア最終予選の中国戦に臨んだ日本代表。1-0で勝利をあげた=2021年9月7日、カタール・ドーハ

「最大の勝ち点を」と連勝誓う森保監督 田中碧・三好・橋岡選出

 こうした苦境に、森保監督は欧州での視察で実際に会って確認した「コンディションの上がってきている選手」を選出。特に、東京五輪ではボランチで起用した田中碧を2019年12月のE-1選手権以来1年10カ月ぶりに招集したほか、9月には招集していなかった三好康児、DFに橋岡大輝を呼ぶなど、五輪で監督として起用した若手に、1敗を負うプレッシャーを背負う中での活躍と、勝利への貢献を求めた。

拡大森保監督は、東京五輪で起用した若手3人を今回代表に招集した。【左】東京五輪のフランス戦で右サイドからクロスを上げる橋岡大樹=2021年7月28日【中】五輪の準々決勝ニュージーランド戦で競り合う田中碧(17)=7月31日【右】五輪のフランス戦で、ゴールを決めて駆け出す三好康児。右隣は田中碧=7月28日
 監督は「(この10月2連戦で)最大勝ち点を」と、グループの首位と2位から2勝6点を奪って、現在の4位から浮上すると誓った。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る