メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「VTuber 戸定梨香に人格がある」という主張は、表現者の自由を奪う

赤木智弘 フリーライター

 千葉県の松戸警察署が、ご当地で活躍するVTuber(バーチャルYouTuber)、戸定梨香(とじょう・りんか)さんが出演する自転車の交通安全を啓蒙する動画を9月10日までに削除した。

 この動画は8月から公開されていたが、8月26日に「全国フェミニスト議員連盟(以下、全フェミ議連)」が松戸警察署や松戸市教育委員会などに宛てた公開質問状のせいで削除されたとして騒ぎになっている。

 質問状の中で全フェミ議連は、戸定梨香さんが性的対象物として描写されているとしており、これに対してネットで「言いがかりだ」「フェミが女性の仕事を奪った」として批判が強まっていた。

自転車の交通ルールを説明するVTuber(バーチャルYouTuber)戸定梨香。右は「松戸市応援ゆるキャラ」の「ばけごろう」=2021年7月、動画より拡大自転車の交通ルールを説明するVTuber(バーチャルYouTuber)戸定梨香(左)。右は「松戸市応援ゆるキャラ」の「ばけごろう」=2021年7月、動画より

 さてこの問題。論点は複数あり、どれを取り上げてもかなりの議論になるのだが、ここでは全フェミ議連を批判する側から出ている「VTuberにも人格がある」という主張を取り上げたい。

 その主張によると、VTuberはいわゆるキャラクターとは異なり、一人の人間のアイデンティティと密接に結び付いていることから、人格があるというのである。

 VTuberとは、見た目である3Dの「アバター」と、そのアバターを使って様々な動画を発信する「中の人」、つまりキャラクターの演者・運営者の組み合わせである。

 キャラクターは作品の中でストーリーなどを進めるという目的を持って、作者によって生み出される存在であるが、VTuberはその多くが生配信などを通してファンと直接的に交流する立場にいる。そのために、おしゃべりなどの主な表現は中の人のアイデンティティを強く内包しており、極めて属人的である。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

赤木智弘

赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター

1975年生まれ。著書に『若者を見殺しにする国』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』、共著書に『下流中年』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

赤木智弘の記事

もっと見る