メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新生なでしこジャパン始動~23年W杯とパリ五輪見据え「世界一奪還」宣言

現場を支える体制が定まらぬままの船出。年明けからW杯出場権かけアジア杯に挑む

増島みどり スポーツライター

拡大新チームで再始動したなでしこジャパン候補のトレーニングキャンプがスタートした=2021年10月18日、千葉市美浜区の高円宮記念JFA夢フィールド、JFA公式Webサイトから

池田太新監督の初合宿で約2カ月半ぶりに始動 いい表情だったと手応え

 急に気温が下がった18日、東京オリンピックでスウェーデン(7月30日、1-3)に敗れて以来約2カ月半ぶりに、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が池田太監督(51)のもとスタートを切った。9月に始まった「WEリーグ」で、5連勝と首位を走るINAC神戸から最多の6人が選出され、東京五輪代表も10人呼ばれたが、今回は海外でプレーする選手は含まれていない。

拡大東京五輪でスウェーデンとの準々決勝に敗れた日本の選手たちと高倉麻子監督(右端)=2021年7月30日、埼玉スタジアム
 週末に、プロリーグ「WEリーグ」が行われたため、練習は1時間、疲労回復に重点を置いた軽いメニューのみに。選手たちの笑い声が終始ピッチに響き、和やかな空気のなか初日を終えた。16年に高倉麻子前監督(53)が就任した最初の練習は、16年リオデジャネイロ五輪出場権を逃した後だっただけに緊張感が漂っていたのとは対照的だった。

過去の代表が成し遂げた功績を胸に刻む

 池田監督は練習後にオンラインで取材対応し、練習前に、ミーティングで過去の代表選手たちが成し遂げてきた功績を振り返る映像を見せたと明かした。今合宿を初の活動として、来月には海外遠征での親善試合が予定される。

 新生チームのキャプテンについては「まだ決めていない。いつまでに決める、といったことも予定しない」と、ドイツのバイエルン・ミュンヘンでプレーする熊谷紗希主将に配慮し、当面、パリ五輪までチームを引っ張る「顔」は決めないという。

拡大選手と対話する池田太監督=2021年10月18日、JFA公式Webサイトから

全力プレー・仲間への好影響・相乗効果

 監督は「練習前になでしこの未来を作っていこうという話をした。みんながいい表情で動いてくれた」と手応えを表現。代表選考の基準について「チームにプラスアルファの影響を与えられる選手かどうか。全力でプレーできるかどうかは大切にする。プラス、仲間にいい影響を与え、よりよい相乗効果が生まれるような、化学反応を起こせるかが大事なポイントになる」と、24日までの合宿で選手たちの組み合わせを確認するようだ。22日には男子高校生との練習試合を予定する。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る