メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

京王線事件に思う。 仕事もろくになく、孤独でも楽しく過ごせる社会を

赤木智弘 フリーライター

 10月31日、走行中の京王線の車内で、24歳の男が70代男性の右胸を刺すなど17人の乗客にケガをさせた上、ライターオイルを撒いて火を付けるという事件があった。

 容疑者は警察に対して「仕事に失敗して、友人関係がうまくいかなかった」などと述べているそうである。また男が2019年に上映された映画『ジョーカー』の主人公のような服装をしていたことについては「ジョーカーに憧れていた」と述べている。

 仕事の失敗や友人関係という極めて個人的な理由で、しかも犯行としても、乗客をナイフで刺して電車を燃やそうとする幼稚で残忍な考え方。しかも「自分では死ねないので死刑になりたかった」とも言っていることから、極めて身勝手な犯行であるという批判が多いのは当然だろう。

京王線の事件で逮捕され、調布署を出る服部恭太容疑者=2021年11月2日、東京都調布市拡大京王線の事件で逮捕され、調布署を出る服部恭太容疑者=2021年11月2日、東京都調布市

 仕事に失敗した?

 友人関係がうまくいかない?

 その程度のことで!?

 僕も同感だ。ただしそれは多くの人が思っているであろう「その程度のことで、こんな酷い事件を!」という意味ではない。

 仕事や人間関係なんて、生きている上でそれほど重要なことだろうか?

 どうして仕事や人間関係に失敗した程度のことで、こんな無差別殺人を考えるまでになったのだろうか?

 「その程度のことで」とはそういう意味で、「その程度のことで、人がここまで追い込まれる社会になってしまった……」と、僕は思うのである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

赤木智弘

赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター

1975年生まれ。著書に『若者を見殺しにする国』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』、共著書に『下流中年』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

赤木智弘の記事

もっと見る