メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ禍の刑務所で何が起きていたのか

防げなかった感染拡大、「密」な雑居房、濃厚接触者は仮釈放が取り消しに

塩田祐子 プリズンライフ・アドバイザー、監獄人権センター相談員

面会・刑務作業・入浴の中止……9人に1人が感染した横浜刑務所で

 全国の刑務所、拘置所等を所管する法務省の発表によると、昨年末から今年初めにかけて、横浜刑務所(横浜拘置支所含む)では職員18名、収容者129名の計147名が新型コロナウイルスに感染した。2019年末日時点での横浜刑務所の収容者は884名、横浜拘置支所の収容者は240名なので、全収容者の約9人に1人が感染したことになる。

 感染拡大を何とか食い止めようと、刑務所側も様々な対策を行った。まずは面会の中止。法務省は今年1月12日付の文書で、「施設内における感染拡大を防止するため,当分の間,横浜刑務所での面会を原則として実施しないことが必要ですので,横浜刑務所への来訪をお控えください」と通知し、今年3月22日に再開されるまでの間、受刑者は外部の家族や友人等と面会することができなかった。収容者同士で接触する可能性がある刑務作業や入浴も中止された。

 そして、今年1月中旬には異例の「大規模移送」が行われた。横浜刑務所内の“人口密度”を下げるため、事前の検査で陰性だった受刑者約200名が、立川拘置所に突然移送されたのである。逃走事故を防ぐため、移送対象の受刑者にも事前告知は一切行わず、移送当日に初めて知らせたという。

全室「単独室」の立川へ移送……でも感染を防げなかった

 立川拘置所は、2009年にできた新しい建物で、全室が単独室(独房)である。横浜刑務所から移送した受刑者を全員単独室に収容し、他人との接触をなくせば感染も防げる……はずだったが、法務省の発表によると、立川拘置所でも今年1月25日から2月14日の間に11名の収容者が新型コロナに感染している。

 その原因は公表されていないので、原因不明であるか、または施設側は把握しているが公表していないかのどちらかである。横浜刑務所のとある受刑者は、「空調設備を伝ってウイルスが飛散したのではないか?」と疑っている。病院等の施設でも問題となっている「エアロゾル感染」の事を指すと思われるが、詳細は分からないままだ。

 横浜刑務所および立川拘置所は、この問題について調査・公表し、全国の刑務所・拘置所での感染防止対策に活かして欲しいと願うばかりだ。

三クチで食べてしまえる弁当のごはん。体重は4~5キロ減

 昨年末から今年初めに147名の大規模感染が発生した横浜刑務所では、炊場(すいじょう)と呼ばれる調理工場を閉鎖し、受刑者の食事は弁当などの代替飯(非常食)に切り替えられた。この時のことを、横浜刑務所の受刑者Aさんが手紙で送ってくれた。

 外の業者のお弁当を食べていたのですが、とにかく量が少なすぎて、その当時、皆4~5kg体重が減りました。弁当のごはんは大口で食べると三クチで食べてしまえる量で、副菜等は例えばコロッケひとつをとっても通常の半分でした。予算があるのは仕方ないですが毎日の事なので、しかもこのような所で拘禁されているので食べ物に対しては皆関心があるので、このような事が続くとゲンナリしてきます。

 その後、横浜刑務所では今年2月8日以降は当面のあいだ、職員、収容者ともに新型コロナの新規感染は発表されていなかったが、夏に入り、再びクラスターが発生。6月7日~8月15日までに12名の職員が感染した。

密な雑居房、他人の寝顔が目の前に

 同時期に収容者の感染は出なかったようだが、再びウイルスの危険にさらされた今年の夏を、彼らはどのように過ごしたのだろうか? Aさんの手紙にはこうある。

 コロナのクラスターが発生し昨年12月から今年3月9日まで工場閉鎖が続いておりましたが、対策をし直し、マスクの毎日の交換、消毒の徹底等をし、工場を再開しておりました。しかし、6月13日に告知があり職員1名に感染が確認されたとし2週間の工場閉鎖がありました。
 その後再開してホッとしていたところ7月10日にまた告知があり職員1名に感染の確認があり、また2週間の閉鎖が決まりました。今回と前回と、早めの対処でクラスターにならずに済んだと思います。思いますというのは情報が少ないため判らないためです。
 対策をしているとは言ってますが部屋(雑居)での生活は密のままです。4人くらいですと隣りの者と少しは間が取れるのでまあどうにかと思うのですが5名以上になりますと、食事をする時、矯正処遇日等でテーブルに付かなければならない時、又、布団を敷いて寝る時等すぐ横に隣りの人の顔がある状態です。
 風呂場でも一時は一席ずつ空けて座っていたのが最近になって、夏季処遇の「増入」といって週2回の風呂が
・・・ログインして読む
(残り:約2265文字/本文:約6025文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

塩田祐子

塩田祐子(しおた・ゆうこ) プリズンライフ・アドバイザー、監獄人権センター相談員

ボランティアスタッフを経て、2014年より監獄人権センター職員。刑務所・拘置所の中の人権(主に刑務官から受刑者への人権侵害)に関する相談に対応している。全国の受刑者から寄せられる手紙相談は年間1200 件。死刑制度、無期懲役、刑務所処遇をテーマに執筆活動も行っている。 【監獄人権センターホームページ】https://prisonersrights.org/ 【ツイッター】https://twitter.com/CPR_Japan 【FACEBOOK】https://www.facebook.com/cprjapan

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです