メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

子どもの小さな声を大きくして届けるマイクのような活動~子どもアドボカシー(上)

設立の理由と、児童養護施設への訪問活動

NPO法人子どもアドボカシーセンターOSAKA 奥村仁美・藤田由紀子・栄留里美

 児童養護施設や障害児施設を訪問し、子どもたちの声を聴き、願いがかなうよう支援する。
 そんな活動にとりくむNPO法人子どもアドボカシーセンターOSAKAのメンバーに、ご寄稿いただきました。センターは「市民アドボケイト」を養成し、「子どもの小さい声を大きくして届けるマイクのような活動」を実践しています。その活動内容や意義、課題などを記した論考を、上下2回に分けて公開します。
 社会課題に向き合い、ともに考えるため、「ソーシャル・ジャスティス基金」(SJF)のご協力のもとで進めている連載の一環です。SJFがともに対話の場をつくってきた団体のメンバーによる寄稿を、順次ご紹介しています。

(論座編集部)

拡大

(1)私たちはなぜ、子どもアドボカシーセンターOSAKAを設立したのか

奥村仁美(おくむらひとみ)
NPO法人子どもアドボカシーセンターOSAKA 代表理事
子どもの声を聴けるおとなになり、子どもの声が届く社会を仲間とともにつくることをめざして活動

 わたしたちは、子どもの声を大切に聴き、必要なところに届ける子どもアドボカシーの活動をしている。子どもが権利侵害を受けたとき、声を聴いてもらえないとき、子どもが相談し、アドボケイトの支援をうけることができる社会をめざし、2020年に子どもアドボカシーセンターOSAKA(以下、センター)を設立した。

拡大子どもアドボカシーセンターOSAKA提供

「尊重されなければならない」思いや意見が届いていない

 2019年は子どもの権利条約が国連で採択されて30年にあたる記念すべき年であった。この条約の一般原則の一つは「子どもの意見の尊重」であり、子どもを権利行使の主体とする子ども観への転換も求める画期的なものとなった。

 日本では2016年にようやく児童福祉法が改正され、第2条第1項に子どもの意見が尊重されなければならないことが明記された。にもかかわらず、まだまだ子どもの思いは伝えたいところに届いていない現状がある。子どものSOSがだれにも届かないまま、命が奪われていく虐待事件も後を絶たない。児童相談所や施設・学校等において、子どもの意見や気持ちが聴かれ考慮されることがないまま、援助や教育が行われている現実もある。

 このような状況の中で、わたしたちは施設訪問を通して、子どもの声を聴き、子どもとともに権利の実現を考えてきた。そして、その時感じた子どもの力や、わたしたちもエンパワーされる感覚がこの活動の継続、発展をめざしたい気持ちにつながっていった。子どもの意見表明を支援するアドボカシーシステムを制度化するとともに、それを担うアドボカシーセンター設立とアドボケイトの養成を早急に行う必要があると考えた。

他国の事例から学び、研究プロジェクト有志が設立

 設立前は、公益社団法人子ども情報研究センター(以下、子情研)において、子どもアドボカシーの研究・実践を重ねていた。さかのぼると、1997年11月、カナダオンタリオ州子ども家庭アドボカシー事務所長のジュディ・フィンレイさんを招聘し、講演会を開催したのが学びの始まりだった。子情研では、その学びをもとに「子ども家庭相談室」を開設し、子どもの相談を受けてきた。

 2011年11月には、イギリスのアドボカシー研究者ジェーン・ダリンプルさんと実践者ヒラリー・ホーランさんを招き、講座を開催、2013年には、子情研に「子どもアドボカシー研究プロジェクト」(座長・堀正嗣)を立ち上げ、ここから施設における調査研究等が始まった。2016年には、「地域子どもアドボケイト養成講座」が実施され、ここで学んだアドボケイトが児童養護施設と障害児施設で、訪問アドボカシーの活動を始めることになった。活動の継続とさらなる発展のため、子情研研究プロジェクトメンバー有志でセンターを立ち上げ、今に至る。

市民アドボケイトが訪ね、子どもの願いがかなうよう支援する

 養成講座を受講後、市民アドボケイトとして施設訪問の活動が始まった。独立した利害関係のない第三者として、子どもの声だけに関心をよせて聴き、子どもが望めば、必要なところに伝える。施設の外の相談窓口などにアクセスできない子どもたちが待っている。

 例えば、親とスポーツしたいという希望や、視覚障害があるので小さい子どもたちが走り回っているプレールームにいることは不安だという気持ちなどを受けとめ、聴き、子どもといっしょに考えて、ときにはその声を職員に伝えたりする。子どもたちがなかなか言い出せないどんな小さなことでも受けとめ、声に耳を傾け、子どもの願いがかなうように支援するのが私たちの役割だ。

 私たちが訪問する施設には、虐待をうけて傷ついていたり、障害があって自分を表現しづらかったりする子どもがいる。どう関わればいいのか、研究者からスーパーバイズを受けながら、子どもたちと向き合ってきた。

 今回、研究者とアドボケイトがそれぞれの立場で、施設において展開してきた訪問アドボカシーの活動について掲載させていただいた。子どもの小さい声を大きくして届けるマイクのようなアドボケイトの活動を知って、課題や希望をともに感じあっていただけたら幸いである。

 会員募集中  https://childadvocacy2020.jimdofree.com/

拡大研究者によるスーパービジョン=子どもアドボカシーセンターOSAKA提供

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。