メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

J1歴代最多191ゴール、希代のストライカー大久保嘉人が遺した記録と記憶

増島みどり スポーツライター

ピッチ同様‘喜怒哀楽’あふれた引退会見

 J1リーグ史上最多となる191ゴール、前人未踏の3年連続得点王(13年~15年)を獲得した大久保嘉人(39=C大阪)は、引退発表会見(11月22日、大阪市内)の冒頭「大久保嘉人は……」と切り出したところで言葉に詰まり、泣き出してしまった。

拡大引退会見で、時折涙で言葉を詰まらせながら思いを語ったセレッソ大阪の大久保嘉人=2021年11月22日、大阪市
 「引退する」と、その単語を口にしてしまうと、本当に全てが終ってしまう。決断はしたが、ボールに触れない日がやって来る怖さ、寂しさが一気にこみ上げて来たのかもしれない。

 ホテルの会見場は静まり返り、ようやく次のフレーズ「今シーズンをもって引退します」と振り絞るまで、まるで子どものような無防備さで鼻をすする音だけがマイクを通して響いていた。

決断は5日前、誰にも相談せず―「まだまだできると言われるうちに」

 誰にも相談せず、引退を決断したのも会見のわずか5日前の17日。来季の契約にほぼ合意していたチーム関係者たちも、驚くほどだった。理由をこう説明する。

 「自分自身、まだまだできるだろうと言われるうちにやめたいという気持ちもあった。それが今だ、と思った」

拡大今季、古巣のセレッソ大阪に15年ぶりに戻った大久保。先制点を奪って雄たけびを上げた=2021年3月3日
拡大セレッソ大阪でプロ3年目を迎えた2003年はリーグ戦で16ゴールと飛躍を遂げた。写真は同年4月の浦和戦でのゴール

 今季15年ぶりにプロのキャリアをスタートさせた古巣C大阪に復帰。開幕戦でいきなりゴールを奪うと、5試合で5得点の快進撃を見せ、最大の目標でもあった通算200得点に順調に前進しているように見えた。

 自分にしか見えない景色があり、感覚があるからこれだけのゴールを奪えたのだとすれば、引退の決断にも、自身にしか分からない理由があり、感覚があったに違いない。

拡大2013年から3年連続でJ1得点王に輝いた大久保。写真は2013年の表彰式=12月10日、横浜アリーナ

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る