メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

クリスマスプレゼントの本当の意味~貧困の連鎖を断ち切り社会的相続の連鎖を

子どもの貧困を改善するためには「世帯まるごと」のアプローチが必要だ

奥田知志 NPO法人抱樸理事長、東八幡キリスト教会牧師

 2021年10月22日から11月30日の期間、私が理事長をつとめるNPO法人抱樸(ほうぼく)では、「抱樸子ども支援事業―食の貧困を断ち切るために子どもたちに“自炊力”を―電気鍋と食材提供で食事を作る力、生き抜く力を」というクラウドファンディングを実施した。数日で目標をはるかに上回るあたたかい支援が寄せられた。目標200万円のところ529人の方々から373万円の寄付が集まった。心から感謝したい。

拡大抱樸のクラウドファンディングの画面から

深刻な「親ガチャ失敗」の連鎖

 抱樸が子ども支援を始めたのは2013年からだ。2015年には世帯支援へと発展。そんな支援現場の経験からこのクラウドファンディングは準備された。

 なぜ、子ども支援だけではなく世帯支援なのか。なぜ、電気鍋なのか。なぜ、自炊力なのか。クラウドファンディングの主旨には、次のような文章が添えられている。

 自炊のできる環境と技術を! 子どもたちに、生きる力を伝えていく。私たち抱樸が支援している子どもたちは一日3食を十分に食べられていない世帯がほとんどです。親が料理をしない環境で暮らす子どもたちは、家で食事を作る文化や調理器具がなく、食糧を届けても根本的な状況改善が難しい背景があります。それは、親自身も子ども時代に教えられていないからであり、「育てられていない」経験が連鎖してしまう現実があるのです。抱樸は、子どもたち自身で調理の方法を覚え、次の世代にも連鎖しやすい“食の貧困”を断ち切る取り組みを皆さんと共にスタートさせます。

 「親ガチャ」ということばを最近、よく耳にする。これは「子どもは親を選べない。生まれた家庭環境ですべてが決まる」ということを指すそうだ。貧困家庭に生まれた子どもたちは「親ガチャ失敗」と自らを語る。

 私たち自身、そんな風に自分のことを語る子どもたちと出会ってきた。「親ガチャ」の深刻さは、その親自身もまた、そのような連鎖の中で生きてきたことにある。その連鎖を断ち切るにはどうしたら良いか。今回のクラウドファンディングは、そんな思いで始まった。

「彼らは今がクリスマスだと知っているだろうか?」

 NPO法人抱樸には、傷ついた若者たちがたどり着く。「私はどうでもいい命(いのち)だから」というのが口癖の子がいる。「一番古い記憶は」との問いに、「洗濯機の中で回されていたことかな」と答えた子がいた。

 愛して欲しかった人に虐待され、誰も信じることが出来ないまま大人になった彼らは、「誕生日とクリスマス、正月が一番嫌い」という。世間が暖かい空気にあふれるその日が、彼らにとって最も淋しい日だったのだ。

 クリスマスなんて知らないで育った、あるいは、自分とは関係のない世界の出来事だと思い込んできた。そんな子たちに、「もうすぐクリスマスだよ」と伝えたい。今年のクリスマスは手作りの鍋で、出来れば愛する人と過ごしてほしい。

 1984年、エチオピアの飢餓を受け、英国とアイルランドのミュージシャンらがBand Aidというチャリティープロジェクトを開始した。「クリスマスがやってきた。もう怖がらなくていい。光を招き入れ闇を追い払おう」で始まる楽曲は、世界で共感を生んだ。

 そして、この曲の終盤にある「Do They Know It's Christmas time at all?―そもそも彼らは今がクリスマスだと知っているのだろうか」との問いかけは、今も私の中にあり続けている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

奥田知志

奥田知志(おくだ・ともし) NPO法人抱樸理事長、東八幡キリスト教会牧師

1963年生まれ。関西学院神学部修士課程、西南学院大学神学部専攻科をそれぞれ卒業。九州大学大学院博士課程後期単位取得。1990年、東八幡キリスト教会牧師として赴任。同時に、学生時代から始めた「ホームレス支援」に北九州でも参加。事務局長等を経て、北九州ホームレス支援機構(現 抱樸)の理事長に就任。これまでに3400人(2019年2月現在)以上のホームレスの人々の自立を支援。その他、社会福祉法人グリーンコープ副理事長、共生地域創造財団代表理事、国の審議会等の役職も歴任。第19回糸賀一雄記念賞受賞な ど多数の表彰を受ける。NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にも2度取り上げられ、著作も多数と広範囲に活動を広げている。著書に『もう一人にさせない』(いのちのことば社)、『助けてと言える国』(茂木健一郎氏共著・集英社新書)、『生活困窮者への伴走型支援』(明石書店)等

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

奥田知志の記事

もっと見る