メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

膀胱がんに罹った医師が考えた「死の苦悩」と「安楽死・尊厳死」のこと

53歳でがんになったがん“専門家”の医師は何を悩み、死についてどう考えたか?

松永正訓 小児外科医・作家

 53歳という比較的若い年齢で膀胱(ぼうこう)がんに罹(かか)った。このがんには、毎年およそ2万人が罹患し、そして約4千人が亡くなるとされている。私の場合は早期に発見されたため、主治医から90%治ると言われた。これは逆に言うと、10%の確率で命を落とすということだ。新型コロナウイルス感染症よりも、はるかに死亡率が高い。

拡大Vitalii Vodolazskyi/shutterstock.com

膀胱がんに罹患。再発2回、摘出術3回

 膀胱がんの特徴は時間的・空間(場所)的に多発することにある。つまり、何度も再発する。そして、再発するたびに腫瘍が進展する可能性が高まる。粘膜内にとどまった膀胱がんは切除術で治療が完了するが、わずか数ミリの粘膜を超えて筋層まで達すると膀胱全体の摘出術が必要になる。そうなると当然、尿路のストーマ(出口)を造らなければならない。体の機能の一部を失うのは恐怖である。

 実際、私は2回の再発を経験し、3回の摘出術を受けた。最初の再発では腫瘍は膀胱内の7カ所に及んでいた。

 治療の経過中、たびたび合併症に見舞われ、日常生活はもちろん仕事にも影響がでるような痛みの連続だった。私が経験したことは近著『ぼくとがんの7年』(医学書院) に詳述した。以下、闘病を通じて感じたことを述べていきたい。

患者は誰でも弱い存在

拡大『ぼくとがんの7年』(医学書院)
 私は、自分ががんの専門家だという意識があったため、自分のがんに対して最良の判断や選択ができると思っていた。ところが、実際はまったくそうではなかった。自分の知識が役立たなかっただけでなく、論理だって理詰めでものを考えることができなかった。あるときは異常に事態を悪い方に考え、別の場面ではぬか喜びしてしまった。

 こういった心情は、患者の心の弱さからくるものである。患者とは誰でもひとしく弱い存在なのだと思い知らされた。

 ただ、医師であるがゆえに、治療がスムーズに進んだ場面もあった。それは、度重なる合併症が起きても、主治医に対して不信感を持たないで済んだことである。

 医療に合併症は避けられない。特に外科系の医療では、合併症はある確率で必然とさえ言える。私自身が長い小児外科医としての経験からそのことを知っていたので、主治医ときちんとコミュニケーションをとることができた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松永正訓

松永正訓(まつなが・ただし) 小児外科医・作家

医師。1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。小児がんの分子生物学的研究により、日本小児外科学会より会長特別表彰(1991年)を受ける。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。 『運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語』で2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。『発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年』で2019年、第8回日本医学ジャーナリスト協会賞・大賞を受賞。『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『呼吸器の子』(現代書館)、『いのちは輝く わが子の障害を受け入れるとき』(中央公論新社)、『どんじり医』(CCCメディアハウス)、『ぼくとがんの7年』(医学書院)などの著書がある。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

松永正訓の記事

もっと見る