メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

アイスホッケー「スマイルジャパン」の五輪快進撃が女子競技にもたらすインパクト

「なでしこ」から始まった熱いバトンのリレー/注目集め支援拡大、強化環境も向上

増島みどり スポーツライター

拡大北京五輪会場のリンクで記念撮影する女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」の選手たち=2022年2月1日
 北京五輪開会式前夜の3日、日本の女性アスリートに力を与える女子サッカーと同アイスホッケー2つのチーム競技が、違う場所、違う時間に歴史の分岐点に立っていた。「スウェーデン」という共通する強豪の存在もまた、不思議な縁だったのかもしれない。

三度目の正直でスウェーデン撃破。日本選手団鼓舞するスマイル

 98年、女子アイスホッケーが五輪に採用された長野五輪に、日本は開催国として出場したものの5戦全敗、6カ国中最下位に終わった。以後、3大会にも渡って五輪予選を突破できないどん底の時期が続く。14年ソチ五輪を前に、初めて自力で予選を突破。この時、選手、関係者が「目標であり憧れ」と追いかけた同じチーム競技のサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のように、代表は「スマイルジャパン」と、命名された。

拡大アイスホッケー女子日本代表の愛称「スマイルジャパン」の発表会見。ロゴマークはスティックとパックをあしらったデザインだ=2013年3月28日
 念願の看板を掲げて復帰したソチ五輪は全敗に終わる。しかし、生活と競技の両立を懸命にこなす彼女たちの姿が多く取り上げられ、関心は高まって行く。遠征や合宿のためになかなか就職ができず、アルバイトでつないでいた環境に、企業が採用を申し出るなど支援が集まり始めたのだ。

 環境の変化を追い風に、18年平昌五輪に連続出場を果たすと、韓国・北朝鮮の合同チームから五輪初勝利(8カ国中6位)。順位決定戦では、06年トリノ五輪で銀メダルの実績を持つスウェーデンを破って五輪2勝目をあげて世界への足がかりを掴んだ。

 そして世界ランキングも6位まで上げて迎えた今大会、ソチ、平昌とも初戦で苦杯をなめたスウェーデンとの対戦に臨んだ。先制点を奪うと積極的な攻撃を続け、過去、0-1、1-2と2大会連続で初戦に僅差で敗れた相手を圧倒。開会式前の勝利は、日本選手団の快進撃に勢いを与えた。

拡大北京五輪初戦のスウェーデン戦でゴールを決めて喜ぶ米山知奈(中央)=2022年2月3日
拡大北京五輪のスウェーデン戦で相手と競り合う志賀紅音(16)

アテネ五輪でスウェーデン破り牽引したなでしこは「陥落」

 女子サッカーは04年アテネ五輪前、2大会ぶりの五輪復帰に期待を込めて「なでしこジャパン」と命名された。

 アテネでは開会式より先に競技が始まり、今回の「スマイル」同様、スウェーデンと開幕戦で対戦。当時、大方の予想を覆してメダル候補を破り、日本選手団では当時過去最多のメダル数(37個)獲得の原動力になったと、称賛された。そこから世界への階段を上がり始めたといえる。

拡大アテネ五輪で強豪スウェーデンを破り観客席の声援に応えるなでしこジャパンの選手たち=2004年8月11日、パンテサリコ競技場
 2月3日夜、インドで行われた「AFC(アジアサッカー連盟)女子アジアカップ2022インド」準決勝で中国にPK戦の末敗れてベスト4で敗退。14年、18年と保持してきた「アジア女王」の地位から陥落した。

 W杯では、11年のドイツ大会優勝に続き、15年のカナダ大会は準優勝でつないだが、19年フランス大会で16強にとどまって強豪国から離されてしまう。12年ロンドン五輪で獲得したメダル(銀)の奪還にかけた昨年の東京五輪も8強に終わり、これで、18年以降の国際主要大会で結果を出せず、全てが過去の栄光となってしまった。

拡大東京五輪でスウェーデンに敗れ8強に終わったなでしこジャパン=2021年7月30日、JFA公式サイトから

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る