メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ふじみ野・医師殺害事件と訪問診療の暴力(下)──香山リカ氏に聞く

「地域医療は患者さんや家族が高齢であるという特性に対応しなければなりません」

鈴木理香子 フリーライター

 埼玉県ふじみ野市で起こった医師殺害事件は、訪問診療のあり方や、患者と医師の関係をあらためて考えさせるものだった。

 終末期医療を担う地域医療──。年々、在宅医療や看護、介護の利用者が増えているのは、それだけ「自宅で最期を」「体の自由が利かなくなっても、自宅で過ごしたい」というニーズが高まっているに他ならない。

 今回の事件で明らかになったのは、「医療従事者が自宅を訪問するリスク」だ。それについては前稿「ふじみ野・医師殺害事件と訪問診療の暴力(上)──三木明子教授に聞く」を参照していただきたいが、続いて、事件発生後、早々にこの問題についてツイッターで発信した精神科医の香山リカ氏に聞いた。

香山リカさん拡大香山リカ(かやま・りか) 精神科医、立教大学現代心理学部教授。1960年、北海道生まれ。東京医科大学卒業。豊富な臨床経験を活かして、現代人の心の問題を中心にさまざまなメディアで発言を続けている。専門は精神病理学。『もっと、自分をいたわっていい』(新日本出版社)、『なぜ眞子さまのご結婚はバッシングされたのか──皇室女子と「個人の意思』(秀和システム)、『半知性主義でいこう――戦争ができる国の新しい生き方』(朝日新書)など著書多数
 長年、精神科医療に携わっている香山氏は「この事件は非常に痛ましいことでしたが、銃の問題は別にしても、いつかこのようなことが起こるのではと危惧はしていました」と言う。そして、「在宅医療の利点は多いのですが、アウトリーチ型の医療は、医療者と患者がより近い関係になりやすい」と指摘する。

 「精神医療の場合、基本的には決められた日に外来に来ていただき、面談する。そういった“枠組み”を非常に大事にしていて、精神科医はそれを繰り返しトレーニングしています。その枠組みが崩れると、患者さんとの距離が近くなって依存的、感情的になってしまったりするだけでなく、治療効果も上がりにくいのです」

 そうした経験を踏まえ、医療や看護、介護の技術面だけでなく、その周辺にあるもろもろの、訪問する際に気を付けるべきこと、踏み越えてはいけないことのルール作りが必要になってくるのではないかという。

 「患者さんからしても、生活しながら医療を受けることはQOL(生活の質)を保つという意味でも大事です。しかし、在宅医療でその“枠組み”が取り払われてしまうことのデメリットも考えなければなりません」

発砲・立てこもり事件の現場近くには花束が置かれていた=2022年1月29日午前10時13分、埼玉県ふじみ野市拡大医師殺害事件の現場近くで=2022年1月29日、埼玉県ふじみ野市
>> この記事の関連記事

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木理香子

鈴木理香子(すずき・りかこ) フリーライター

TVの番組製作会社勤務などを経て、フリーに。現在は、看護師向けの専門雑誌や企業の健康・医療情報サイトなどを中心に、健康・医療・福祉にかかわる記事を執筆

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです