メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「スポーツと生理」に向き合うプロジェクトが進化~女性アスリートの健康と社会の変化を願って

インスタで教材配信も開始。正しい知識を広げ、女性が生き生き活躍できる社会に

増島みどり スポーツライター

拡大オンライン教材「1252プレーブック」の一画面=インスタグラムの公式アカウント「1252プロジェクト」から

「1252プロジェクト」。ラグビー元日本代表主将も会見に参加

 「1252」と書いて、「イチニーゴーニー」と読む。数字を見て、ピンと来る人は多くないはずだ。女性は、1年間52週のうち約12週月経(生理)と向き合わなくてはならない。それを分かりやすく数字にしたものだ。

 「1252プロジェクト」は、学生アスリートを支援する一般社団法人「スポーツを止めるな」(野澤武史代表理事)と東大医学部付属病院が連携し、タブー視されがちな女性特有の問題や悩みにオンライン教材で答える。3月10日、教材の配信を発表する会見が行われた。

 オンライン会見には、同法人の共同代表理事でラグビー元日本代表の主将、廣瀬俊朗氏も出席し、こうあいさつをした。

 「私にも娘がいて、そろそろなのかな、とか、もし来たらどうしよう、などと考えます。このプロジェクトで自分も正しい知識を学びたい」

拡大廣瀬俊朗さん
拡大ラグビー日本代表は2013年、欧州王者の強豪ウェールズから歴史的な初勝利を挙げた。写真は主将としてチームを牽引した廣瀬さん。ウェールズのタックルをかわしての突進=2013年6月15日、秩父宮ラグビー場

「女性だけの問題ではない」

 月経と女性スポーツについては、多くのトップアスリートや専門家も積極的に情報を発信できる時代になった。より深く、専門的な知識を共有できるようになった反面、それは女性だけの話として範囲が限られ、指導者やトレーナーらサポートする男性を巻き込むオープンな活動には発展しにくい面もあった。

 女性の体について語る会見で、男性が、父親としての率直な思いを口にし、男性記者も参加し質問をする。誰もが触れやすいオンラン教材「1252プレーブック」を利用する新しさと同時に、「女性だけの問題ではない」と、新たなメッセージも強く示しているように見えた。

拡大トップアスリートと「生理×スポーツ」について楽しく対談するコンテンツ「Talk up 1252」の一部。ウェブで視聴できる=一般社団法人「スポーツを止めるな」の公式サイトから

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る