メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ウクライナ→東京→ベラルーシの移動で考えたこと

[3月10日~3月15日]ウクライナ大使館、『病める舞姫』、ミンスク……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

3月10日(木) ウクライナから日本に戻っての時差ボケで真夜中に目が覚めて、BBC World Newsを見ていたら、日本のジャーナリズムとは比較にならない、レベルの高い、ものすごく重厚な取材の成果を見せつけられて、心底まいった。

 というのも、首都キエフ(ここからは、BBCの首席国際特派員Lyse Doucetが登場していた。アフガンがタリバンに再支配された際に最初に入ったあの記者だ)、空爆で激しい被害を受けた北東部の都市ハリコフの中心部(凄まじい空爆の跡)、さらにはハリコフ郊外のロシア軍との戦闘最前線(ウクライナ軍の許可を得ての同行取材である)、そして西部の都市リビウ(ここには多くの西側記者が滞在している)と、4地点で多角的な取材を展開していたからだ。まいった。本気度が違う。取材内容も実に濃密だ。BBCはウクライナ侵攻報道においては突出している。

BBCの首席国際記者Lyse Docet拡大BBCの首席国際特派員Lyse Docet=撮影・筆者

 だが正直、ここまでやるかと考えることもあった。とりわけ、戦闘最前線の取材で、戦死したロシア兵の遺体が路上に放置されていた真横で、記者(クエンティン・サマヴィル記者)がリポートしていたシーンには強い衝撃を受けた。遺体からは血のりのような真っ赤なものがみえる。モザイク処理はされていない。

 BBCではよほどのことがない限り、モザイク処理というような映像の加工を行わない。これが戦争だと言えばその通りなのだが、実際に映像に接すると動揺する。遺体はロシア兵のチェチェン人だと認識票から判明したという。これがウクライナの民間人の遺体なら、そのすぐ真横でリポートしただろうか。実際に、わずか前のカットでウクライナ人の民間人の遺体が映っていた。

BBC World Newsの放送より。ロシア兵の遺体の横からのリポートには衝撃を受けた拡大BBC World Newsの放送より=撮影・筆者
。ロシア兵の遺体の横からのリポートには衝撃を受けた拡大ロシア兵の遺体の横からのリポートには衝撃を受けた=撮影・筆者
BBC World Newsの放送より拡大同=撮影・筆者
同拡大同=撮影・筆者

 それで思い出したことがある。11年前の東日本大震災で、津波被害を受けた町から、米CBSが報じた際に、遺体が数多く回収されていた安置所のような場所でCBS記者が、遺体をバックにリポートしたことを知って、言うに言われぬ複雑な気持ちを抱いた記憶があることだ。確かにそれは、大津波の被害の現実なのだが、やはり欧米とは死生観のようなものが根本的に異なるのか。僕にはわからない。

 ウクライナ入りしている遠藤正雄さん、新田義貴さんと連絡がとれて、彼らはキエフに取材に向かうという。予想した通りの動きだ。大変な危険を伴うが、数々の戦場取材を経てきた遠藤さん、新田さんのことだ。独自の人脈・嗅覚で、おそらく取材を遂行するだろう。その旨『報道特集』のスタッフに伝える。

 日本をあけていた間に届いていた郵便物や書籍の整理。筑摩書房のPR誌「ちくま」連載中の蓮實重彦氏の文章に大笑い。「週刊金曜日」の原稿の最終校正。ベラルーシの件で急展開あり。熟考せよ。

蓮實重彦「些事にこだわり」その6 「バーカ!」といっておけばすむ事態があまりに多すぎはしまいか拡大蓮實重彦「些事にこだわり 6 「バーカ!」といっておけばすむ事態があまりに多すぎはしまいか」=『ちくま』、撮影・筆者

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『抗うニュースキャスター』(かもがわ出版)、『漂流キャスター日誌』(七つ森書館)、『筑紫哲也『NEWS23』とその時代』(講談社)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

金平茂紀の記事

もっと見る