メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

どん底から掴みとったW杯 初の8強目指す日本代表

半年間の激闘~追い込まれたからこそ体得したレジリエンスを武器にカタールへ

増島みどり スポーツライター

拡大アジア最終予選・最終戦のベトナム戦終了後、W杯出場を祝う横断幕を掲げるサポーターたち=2022年3月29日、埼玉スタジアム

半年の激闘締めるベトナム戦は1-1で消化不良、B組2位に

 どしゃ降りの大阪・吹田サッカースタジアムでの敗戦(昨年9月2日対オマーン、0-1)からスタートしたW杯カタール大会アジア最終予選が3月29日、半年の激闘を経て終わった。日本代表は埼玉スタジアムで、ベトナムに1対1と引き分け、勝ち点22(7勝1分2敗)でBグループ2位。勝ち点23のサウジアラビアが首位となった。

 ベトナム戦は、コロナ禍で続いた観客の上限規制が撤廃され、久しぶりに4万4600人ものファンがスタジアムに足を運ぶ。「終わり良ければ……」とする試合内容には、ほど遠かったが、活気が蘇ったスタジアムで、W杯出場権を獲得した厳しいレースのゴールを迎えられたのは幸運だった。

拡大7大会連続のW杯出場を決めた試合後、サポーターと喜び合う主将の吉田麻也(右手前)ら日本代表選手たち=2022年3月24日、スタジアムオーストラリア

コロナ禍の影響受けた10試合

 5か国によるホーム&アウェー10試合は、コロナ禍の影響を大きく受けた。アウェーの中国戦は、中国への入国制限のため、「中立国」としてカタールのドーハで実施された。また、観客の入場制限は常に定められ、スタンドは最終予選とは思えない寂しい様子に。さらに、AFC(アジアサッカー連盟)がスポーツ中継などの動画配信をする「DAZN」と契約し、日本では、アウェー戦が初めて国内の地上波で中継されないなど、過去とは大きく様変わりした最終予選でもある。

 日本代表は3月24日、シドニーでオーストラリアに2対0と勝利し、7大会連続のW杯出場を決めた。

「誰も与えてくれない。自分たちで掴み取る」森保監督の真意

拡大ピッチに向かって叫ぶ日本代表の森保一監督=2022年3月24日
 森保一監督に、オーストラリア戦(3月24日、シドニー)前日の会見で、「かつて監督が代表選手だった時には掴めなかったW杯出場の辛い経験を、選手にどのように伝え、これを乗り越えるか」と聞いた。

 監督は経験を「具体的には伝えていない」とした上で、「それでもひとついえるのは、W杯は誰かが与えてくれるものではなく、自分たちで勝利を掴み取るものだということ。それは伝えました」と、あえて「掴み取る」と、強い表現した。

「ドーハの悲劇」―夢を目前に守りに入ったことの後悔

 4年前、代表監督に就任した際、「ドーハの悲劇よりも厳しい体験は、その後もなかった」と言った。

 94年のW杯アメリカ大会に手をかけた93年のアジア最終予選、最終戦でイラクにアディショナルタイム90分17秒で同点とされ出場を逃がした「ドーハの悲劇」の経験者は、自らの経験を選手に伝えるのではなく、「掴み取る」という言葉に込めた。当時は、「逃げ切ろう」「何とかこのまま2-1で試合を終えよう」と、夢を目前に守りに入ってしまった気持ちを後悔したという。

拡大W杯アジア最終予選のイラク戦で終了間際に同点にされて悲願の初出場を逃し、ピッチに座り込む日本代表の選手たち=1993年10月28日、ドーハのアル・アリ競技場

29年後、最後まで前に出て「掴み取った」W杯

 オーストラリア戦後半39分、森保監督は運動量で攻守に貢献した南野拓実を三笘薫に交代。また中盤の田中碧を原口元気に代えて、一気に攻勢をかける最後のカードを切った。

 その5分後、残り1分に三笘が勝利を決めるゴールを奪うが、日本代表は、監督の「掴み取る」を表現するかのように、そこで一切満足しなかった。アディショナルタイムに入った49分にも三笘がゴールを決め、まさに勝利を「掴み取った」展開となった。

拡大アジア最終予選・オーストラリア戦の後半、先制のゴールを決めて駆け出す三笘薫=2022年3月24日、スタジアムオーストラリア
 アディショナルタイムに、守ろうと夢を取りこぼした選手が、29年後、代表監督として巡って来たW杯出場決定試合に、今度は攻めて、前に出て、夢を叶える。森保監督にとっても、自らの苦闘を乗り越えるための、攻めの采配だったのだろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る