メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

子どもに「家族のケア」か「自分の人生」かを選ばせないで!~元ヤングケアラーの願い

政府による3年間の「集中取組期間」に向けて

藤木和子 弁護士・優生保護法被害弁護団

 最近「ヤングケアラー」という言葉をニュース等で目にすることが増えています。昨年2021年の流行語大賞にもノミネートされました。「ヤングケアラー」とは「家族などの介護や世話をする18歳未満の子ども」のことです。

「コーダあいのうた」の主人公と私

 先日、アカデミー賞を受賞した映画「コーダあいのうた」は耳が聞こえない両親と兄をもつ高校生の女の子が主人公です。家族の中で耳が聞こえるのは彼女だけです。両親らは手話を使う「ろう者」です。主人公は、高校卒業後、「家族のケア」か「自分の人生」か、地元で漁を営む家族の手話通訳を続けるか、歌の才能が認められておりボストンの有名な音楽大学に進学するかで揺れ動きます。そのような意味で「ヤングケアラー」の物語でした。

 私自身は、子どもの頃から、耳の聞こえない弟と育ちました。映画とは逆で、家族の中で弟だけ耳が聞こえませんでした。私も弟への通訳などを担ってきました。そのような経験から、私は、「障害」のある人の「きょうだい」(以下、「きょうだい」といいます)の立場から、元ヤングケアラーとして発信、座談会の開催などをしています。また、耳が聞こえない親やきょうだいをもつ聞こえる立場と聞こえない立場が生の体験を率直に語り合う動画も配信しています。

拡大「耳が聞こえない親やきょうだいをもつ聞こえる立場」と「聞こえない立場」が、生の体験を率直に語り合って。右から2番目が筆者(写真はいずれも筆者提供)

 本稿は、4月10日の「きょうだいの日」に向けて、拙書『「障害」ある人の「きょうだい」としての私』(岩波ブックレット)に記した筆者の経験や「きょうだい」を始めとする「ヤングケアラー」について紹介させていただきます。

 私は、弟の遊び相手であり、周囲の大人との通訳でした。また、私は、仕事で多忙な父に代わって、母が弟を育てる際のパートナーでもありました。パートナーといっても子どもですから、どこまで母の役に立っていたかはわかりませんが、私なりに一生懸命でした。母が弟の担任の先生に向けてびっしり書いた連絡帳を毎日読んで感想を述べ、母の悩みを聞いて励ましました。

 また、私が現在、優生保護法弁護団で活動している理由につながるのですが、周囲の陰口、弟の障害を母の責任とするような内容を私だけが聞いてしまったこともありました。母や弟にはもちろん、誰にも言えずひとりで苦悩しました。そのような陰口や母の苦労から、子どもは産みたくないと心から思いました。自分の生理が始まった時は誰にも報告しませんでした。「障害のある弟や親は大変なのだから」、「自分が選んだ環境ではないけど、家族を見捨てることはできない」、「勉強もきちんとやらないと後ろ指をさされてしまう」と、いつも文句を言いながら自分を奮い立たせていました。

 ※4月10日の「きょうだいの日」は、亡くなったきょうだいに思いを寄せたアメリカ人の女性から始まった記念日です。 日本でも、病気の子どものきょうだいを支援するNPO法人しぶたねさんが、「きょうだいの日」を制定しようと呼びかけ、200人を超える制定発起人(筆者もその1人)とともに、2019年に、4月10日を「きょうだいの日(シブリングデー)」として制定し、日本記念日協会に登録しました。今年は、大手スーパーのイオンさんで「きょうだいの日」に向けてのキャンペーンがなされるなど、少しずつ知られる記念日になってきています。

拡大イオンモール伊丹のホームページから

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤木和子

藤木和子(ふじき・かずこ) 弁護士・優生保護法被害弁護団

1982年生まれ。耳の聞こえない弟とともに育つ。手話通訳者。聞こえないきょうだいをもつSODAソーダの会代表、全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会(全国きょうだいの会)副会長。障害のある人のきょうだい(兄弟姉妹)・ヤングケアラー経験者として活動。優生保護法被害弁護団。 【Twitter】 https://twitter.com/KazuFujiki 【Facebook】 https://www.facebook.com/kazulinlin

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤木和子の記事

もっと見る