メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「撮り鉄」が線路に転落。このままではホームでの撮影が禁止されてしまう

赤木智弘 フリーライター

 4月2日、JR東日本の八王子駅で列車を撮影していた男性がホーム下に転落してしまうという事故が発生した。

 事故当時は、列車の撮影を目的としたたくさんの列車ファン、いわゆる「撮り鉄」がホームに集まっていた。

 彼らの目当ては、4月2日と3日に八王子駅〜いわき駅間で運行される臨時急行「いわき」であった。濃いめのクリーム色に派手さを抑えた赤いライン、いわゆる「国鉄色」で登場したE653系を撮影しようと、八王子駅のホームは多くの撮り鉄で賑わっていた。

 男性が落ちた場所はちょうど階段脇で、ホームが狭くなっている場所であった。ちょうどそこは列車のフェイスを撮影できるポジションだったことから、撮影したい人が集中してしまった状況で転落してしまったようだ。

 幸い男性に怪我はなかったようだが、落ち方や打ち所によっては大事故に繋がりかねず、ネットでは「ホームでの撮影を禁止しろ」といった声も挙がっている。

このままでは「撮り鉄」で混雑するホームで大きな事故が起きかねない=2015年、 JR門司駅拡大このままでは「撮り鉄」で混雑するホームで大きな事故が起きかねない=2015年、JR門司駅

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

赤木智弘

赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター

1975年生まれ。著書に『若者を見殺しにする国』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』、共著書に『下流中年』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

赤木智弘の記事

もっと見る