メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「表現の不自由展 東京2022」を見に行く

[3月27日~4月2日]モスクワ大生、表現の不自由展、ETV特集……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

モスクワ大学の学生が語る主要メディアの惨状

3月31日(木) まだまだまだストレスが抜けず、プールへ。泳げ、泳げ、泳げ。

=撮影・筆者拡大「キエフ」は「キーウ」へと変更=2022年4月1日付朝日新聞、撮影・筆者
 外務省がウクライナの地名の呼称について、ロシア語の発音に基づく表記から、ウクライナ語の発音に基づく表記に変更すると発表。首都はキエフからキーウに、チェルノブイリはチョルノービリに、オデッサはオデーサになるのだという。で、各マスメディアは、これに合わせて何の逡巡もなく、変更に踏み切った。何なんだろうか、これは。

 何だか戦前の敵性語禁止を思い出した。戦争で戦っている相手の言葉は使うな。日本でも戦時中は鬼畜米英の言葉=英語はダメ。野球のストライクは「よし」に、フォアボールは「四球」、カレーライスは「辛味入汁掛飯」(からみいりしるかけめし)とかに言い換えられた。本当に。ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクは、その昔、ドイツ語風だとして「ペトログラード」に、その後ソ連になると「レニングラード」に、そしてソ連が崩壊すると「サンクトペテルブルク」に戻った。

 17時からモスクワで「反戦」を訴えているモスクワ大学の学生にオンラインでインタビュー。

・・・ログインして読む
(残り:約2315文字/本文:約5128文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『抗うニュースキャスター』(かもがわ出版)、『漂流キャスター日誌』(七つ森書館)、『筑紫哲也『NEWS23』とその時代』(講談社)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

金平茂紀の記事

もっと見る