メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日本の国力の衰退をあらわにした「報道の自由」ランキング71位の衝撃

メディアの「フォックスニュース化」と「忖度」の果てに

柴山哲也 ジャーナリスト、メディア研究者

台湾、韓国のさらに下、第三ランクに

 毎年公表される「国境なき記者団」(本部・パリ)による世界報道の自由度ランキングで、日本は180カ国中の71位に転落した。昨年の67位からさらにランクを落としたのだが、実は2016年は72位だったから、再び70位台の底へ落ちたということだ。アジアでは台湾38位、韓国43位で、日本の等級は台湾、韓国よりワンランク低い。

 ウクライナ戦争で欧米西側の民主主義国VSロシアの独裁国の対比が鮮明になり、世界が二分された国際政治情勢の中の「報道の自由」のランク付けだが、今日の「報道の自由の価値観」そのものの揺らぎが指摘されている。しかし報道の自由とは、一国の民主主義の法的枠組、経済や福祉、教育、人権、文化、国民の自由、暮らしの安定等の各指標を基に、先進国が到達したレベルを示す国力の源泉を物語る数字でもあるから、これを疎かに扱うことはできない。

 ランキング表を世界地図上で見ると、一等グリーン(良い、85-100点)、2等イエロー(満足70-85点)、3等ライトオレンジ(問題あり56-70点)、4等濃いオレンジ(難しい40-55点)、5等レッド(非常に深刻0-40点)の5段階に分類された国別ランクの中で、日本は「問題あり」国に属している。

「国境なき記者団」のサイトより拡大「国境なき記者団」のサイトより

 トップグループのグリーン国は、北欧のノルウェー、デンマーク、スウェーデン、エストニア、フィンランドの順番。これらの北欧諸国は、ロシアと国境を接するフィンランドなど、ロシアの軍事的な脅威にもさらされているが、報道の自由はグリーンクラスを維持しており、称賛の声があがっている。

 2番目のイエロー国グループには、英米やカナダ、EU諸国のほか、アジアでは先述した台湾、韓国が入っている。太平洋のニュージーランド、オーストラリアもイエロー国グループだ。グリーン国には届かないまでも、報道の自由が機能している国の目安はイエロー国までという。

 日本が所属するライトオレンジの国は、47位のトンガから110位のブラジルまで。その日本の順位の上下周辺には、66位ポーランド、69位ケニア、70位ハイチ、72位キルギス、73位セネガル、76位ネパール、77位ペルー等の中進国が並ぶ。

 第4グループの「濃いオレンジ国」は、111位マリから152位のタジキスタンまでの途上国が多く、最終ランクのレッド国は、153位ベラルーシ、155位ロシア、175位中国、176位、ミャンマー、178位イラン、180位北朝鮮等の順となり、報道の自由がない独裁国が占めている。

 日本は民主主義国G7の国際的リーダーとして認知されているが、実際には報道の自由国際ランクは第三ランクに属するほど低く、発展途上国や独裁政権に近い国々と隣り合わせに位置していることに驚く。しかも、ここ10年くらいこの悪状況は続いているのである。もちろんG7では最下位だが、日本と同じライトオレンジ国に色分けされたイタリアの順位は58位で、日本の71位より高く、むしろEU諸国のイエローゾーンに近い。

>>関連記事はこちら

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

柴山哲也

柴山哲也(しばやま・てつや) ジャーナリスト、メディア研究者

 1970年に朝日新聞記者となり、学芸部、朝日ジャーナル編集部等に勤務、94年に退社。同志社大学院新聞学科修士課程中退、ハワイ大学、シンクタンク東西センター客員研究員等をへて、京都大学大学院経済学研究科・経済学部非常勤講師、京都女子大教授、立命館大学客員教授。著書に『日本型メディアシステムの興亡』(ミネルヴァ書房)、『公共放送BBCの研究』(同、編著)、『戦争報道とアメリカ』(PHP新書)、『真珠湾の真実』(平凡社新書)『いま、解読する戦後ジャーナリズム秘史』(ミネルヴァ書房)等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

柴山哲也の記事

もっと見る