メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

外壁に吊るした緊縛アートにも必要な持続可能性~安全性の確保は技術である

赤木智弘 フリーライター

 東京・原宿のキャットストリートにあるアートスペースで行われた1つの作品が多くの批判を受けている。

 そのアートはHajime Kinoko氏による緊縛アートで、女性を赤いロープで縛って建物の外壁に吊るすものだった。

BLKstudio拡大BLKstudio/Shutterstock.com

 外から見えるため、Twitterなどでは「女性をモノ化したイベントを子供でも見えるところで行うとは何事か!」といったフェミニズム的観点からの批判もあったが、それよりもはるかに多かったのが「女性が落ちそうで怖い」「安全管理はどうなっている?」という、現場の安全性に疑問を呈する批判だった。

 僕自身も作品の写真を一目見た時点で「もし、縄が緩んだり、締め付けのバランスがずれたりしたら危なそうだな」と思った。

 ネットに公開されている写真や動画を見る限り、周囲にマットやネットがあるかどうかは確認できなかったが、少なくとも吊った女性の下に別の女性も吊られているという状況を見るに、安全対策についても十分だったとは考えられない。

 現場労働においては、もしまかり間違って吊り荷が落ちても大丈夫なように「吊り荷の下に入らない」のは基本中の基本である。少なくとも吊られた人の下に吊られて動けない人を配置するなんてことはあり得ない。

 また、設営中の動画もあったが、高いハシゴや脚立を使うけっこうな高所作業であるにもかかわらず、足場も無く、ヘルメットもせずに作業をしており、脚立の天板をまたぐ場面すらあった。工事現場なら一発で出入り禁止になるお粗末さである。

 僕は昔、警備員のアルバイトをしていて、KY(危険予知)の知識も多少はあるのだが、最近はネットでも「現場猫」の流行や、学校の組み体操での事故などが知られることにより、KYの知識を持っている人も増えている。そうしたことから、今回のアート作品にも安全性に関する疑問が相次いだのだろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

赤木智弘

赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター

1975年生まれ。著書に『若者を見殺しにする国』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』、共著書に『下流中年』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

赤木智弘の記事

もっと見る