メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

違法でなくとも重大なコンプライアンス違反を犯したサントリー

酒類とともに安倍氏側へ「隠れ蓑」を提供した真の理由を説明せよ

郷原信郎 郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表弁護士

金銭的「利益供与」を周到に避ける工夫か

 安倍氏は、辞任表明の際も、第一次安倍政権の際と同様、表面上の首相辞任の理由は「健康上の理由」とした。しかし、それが全くの口実に過ぎなかったことは、首相辞任後に、検察捜査で、国会等でつき続けてきた数々のウソが発覚した際に会見でさらなる虚言を重ね、国会議員の地位に居座り続ける「十分な体力、気力」を維持していたことからも明らかであろう。

 その「桜を見る会」前夜祭に関して、安倍事務所側も頭を悩ましたのが、多数の地元有権者等を集めた食事会をホテルの大宴会場で盛大に挙行することが、どう考えても、公職選挙法の寄附禁止に抵触せざるを得ないという「違法リスク」だった。

 安倍氏は、それまで、「加計学園」「森友学園」等の問題で追及を受ける度に、「関係法令に基づき適切に実施している」という「法令遵守」の強弁で、実質的な説明を拒絶して乗り越えてきた。「安倍一強」の絶対的な政治権力に対して、官僚側で「忖度」し、実質的に問題があっても、形式上は、法令に違反しないように事を進める、「法令遵守」の上では問題がないのは当然だった。そういう安倍氏の側にとって、自分や安部事務所の「公選法違反」のリスクは、重大問題だったはずだ。

 「桜を見る会」自体も、その前夜祭も、全体として、安倍首相の地元の有権者に対する、過度の接遇であったことは間違いない。問題は、それに要する金銭をどこがどのように負担するかだった。それを、安倍氏や安倍後援会等の政治団体が負担すると、「選挙区内の有権者に対する利益供与」として公選法違反となる。

「桜を見る会」であいさつする安倍晋三首相(中央)=2019年4月13日、東京都新宿区の新宿御苑(代表撮影)拡大「桜を見る会」であいさつする安倍晋三首相(中央)=2019年4月13日、東京都新宿区の新宿御苑(代表撮影)

 公式行事の「桜を見る会」は、内閣府等の担当職員の「権力者への忖度」によって国の負担で行われ、それが年々膨張していった。一方で、前夜祭は、同じく日本を代表する一流ホテルを経営するホテルニューオータニと、同じく日本を代表する酒造メーカーであるサントリーが協力していたことが、今回、刑事事件の確定記録の閲覧で明らかになったのである。

同業他社の「常識」から大きく乖離

 サントリーの桜を見る会への酒類提供は、本来、

・・・ログインして読む
(残り:約1924文字/本文:約4133文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

郷原信郎

郷原信郎(ごうはら・のぶお) 郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表弁護士

1955年、島根県生まれ。東京大学理学部卒。東京地検特捜部、長崎地検次席検事、法務省法務総合研究所総括研究官などを経て、2006年に弁護士登録。08年、郷原総合コンプライアンス法律事務所開設。これまで、名城大学教授、関西大学客員教授、総務省顧問、日本郵政ガバナンス検証委員会委員長、総務省年金業務監視委員会委員長などを歴任。著書に『告発の正義』『検察の正義』(ちくま新書)、『「法令遵守」が日本を滅ぼす』(新潮新書)、『思考停止社会─「遵守」に蝕まれる日本』(講談社現代新書)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

郷原信郎の記事

もっと見る