メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

安倍元首相銃撃・殺害事件をテレビはどう報じるか

[7月9日~7月17日]安倍元首相銃撃事件、参院選、旧統一教会……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

7月9日(土) 朝5時過ぎに目が覚めて、よくよく考えてみる。安倍元首相銃撃・殺害事件についてここは保阪正康さんに是非とも話を聞きたいものだと思う。それで朝早く、Dに電話でその件などを話して協議。Dの意見では、この事件によって、選挙の投票がおろそかにならないように、有権者に呼びかける役割を『報道特集』という番組に期待している声もあるのではないか、という点も考慮したいとのことだった。

 なるほどそういう見方もある。その場合は、敢えて事件前に収録した斎藤幸平さんのインタビューのエッセンスを放送する選択肢もあると。市民に冷静さを喚起することは今の時点では重要なことだ。早めに局に向かい、そのことをプロデューサーらと話す。何しろ保阪さんが全くつかまらないのだ。

 結局、斎藤幸平さんのインタビューのエッセンスを放送することに決定。『報道特集』のプレビューは大部屋で行うことになった。報道局長に就任したばかりのYが大部屋に顔を見せていた。「今の事態は、報道局長が番組に出演して見識を示すこともありなのではないか」と話を向けたが、笑っていた。こちらは本気だったが。

 現場取材がぶ厚く、それぞれのパートがそれぞれの役割を果たしていた。膳場貴子キャスターが藤原帰一・東大名誉教授にインタビューをしていた。藤原教授の主張には切実な思いが込められていた。結果的に、若者層に選挙での投票をおろそかにしないように呼びかけていた斎藤幸平さんのインタビューも意味をもっていた。他の報道番組とは、かなり切り口も異なる独自の内容が出せたのではないか。自分も含め、キャスターとしてのコメントにもいつも以上に力が入ったような気がする。

Tプロデューサーを送るスタジオでの会にて拡大Tプロデューサーを送るスタジオでの会にて=撮影・筆者
 オンエア終了と同時に、ぐったりと疲れが出た。奇しくも今日の回を最後に、Tプロデューサーが人事異動で社会部長に転出することになり、オンエア終了後にスタジオで花束贈呈などのセレモニーが行われた。何だか、いてもたってもいられず、その後K、Xらと反省会。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『抗うニュースキャスター』(かもがわ出版)、『漂流キャスター日誌』(七つ森書館)、『筑紫哲也『NEWS23』とその時代』(講談社)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

金平茂紀の記事

もっと見る