メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

サッカーW杯いよいよ本番 日本代表26選手を発表

充実のスタッフ陣とともに「まだ見ぬ景色」めざしカタールへ

増島みどり スポーツライター

 1998年の初出場以来、7大会連続での出場となったサッカーW杯カタール大会(11月20日開幕)の代表メンバー発表が11月1日午後2時から、都内のホテルで行われた。森保一監督(54)の名前「はじめ」と、1が三つ並ぶ「大安」でこの日が選ばれたという。

森保監督拡大メンバーを読み上げる日本代表の森保一監督=2022年11月1日午後、東京都港区

年齢順にメンバーの名前を読み上げ

 発表では「絶対に間違えてはいけないので」と、普段は使用しないペーパーを手に名前を読み上げたが、GK3人の後、フィールドプレーヤーになると従来のポジション順ではなく、異例の「年齢順」に変わり、これには記者たちも戸惑った。

 選手選考の難しさを問われると、声を詰まらせ間を置いて「すべての選手を招集することはできないですが、日本のために戦おうと思ってくれた選手に感謝申し上げたい。26人のW杯戦士にはプレーしたくてもできない選手の思いを胸に刻み、日本人の誇り、代表する誇りと責任をもって戦ってほしい。今のベスト、自信をもっている」と前を向いた。

 また、現役だった1993年、94年アメリカW杯アジア最終予選で味わった「ドーハの悲劇」を、「ドーハの歓喜に変えたい」と言葉に力を込めた。

・・・ログインして読む
(残り:約3533文字/本文:約4017文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る