メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

横行する「スラップ訴訟」、どこが問題か

写真・図版:横行する「スラップ訴訟」、どこが問題か 太陽光発電施設への反対運動で訴訟を起こされた男性=長野県伊那市  企業などを批判した人が訴訟を起こされ、「スラップ訴訟だ」と主張する例が相次いでいる。「恫喝(どうかつ)訴訟」とも言われるが、民事訴訟を利用して批判的な言論や住民運動を封じようとする手法を指し、元々はアメリカで生まれた考え方だ。専門家の間には法的規制を求める声も強い。スラップ訴訟のどこに問題点があるのか。

Facebookでコメントする