メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

司法取引の導入で、日本の刑事司法は?

写真・図版:司法取引の導入で、日本の刑事司法は? 司法取引導入などが議論された法制審議会「新時代の刑事司法制度特別部会」  容疑者や被告が自分以外の犯罪を捜査機関に明かす見返りに、求刑を軽くしたり、起訴を見送ってもらったりする「司法取引」が6月にも導入される。組織犯罪や共犯者のいる事件の解明に役立つと期待する声がある一方、うその供述で他人を陥れたり、共犯者に自分の罪をかぶせたりする危険性も指摘されている。日本の刑事司法はどう変わるのか。

Facebookでコメントする