メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

宗教法人の非課税措置は必要か

写真・図版:宗教法人の非課税措置は必要か  ラブホテルを経営する宗教法人が昨年、休憩料の一部をお布施として計上し所得隠しを指摘され追徴課税処分を受けた。不安をあおって高額な仏具を売り業務停止命令を受けた宗教法人もある。不特定かつ多数の利益につながるという公益性を認められ、宗教活動は非課税にされる。宗教法人の認証を一度得られれば、税制などで優遇措置を自動的に受けられる。税収不足が著しくなる中、こうした特権を問い直す指摘が強まっている。

Facebookでコメントする