メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

改めて問われる公共工事の是非

写真・図版:改めて問われる公共工事の是非  有明海の一角にある諫早湾の干潟をつぶしてできた諫早湾干拓事業で、堤防を閉め切ったことの影響をしらべる開門調査。前原誠司国交相が中止を明言した群馬県の八ツ場ダム。漁業や環境変化への影響、脱ダムをめぐる議論……。参院選は、巨額の税金が投じられる公共工事の是非を改めて問う機会でもある。

Facebookでコメントする