メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

高齢者生存不明が続出した真相は何か

写真・図版:高齢者生存不明が続出した真相は何か  東京都足立区の自宅で7月28日、111歳の男性が白骨化された遺体で見つかったのを皮切りに、100歳を越える高齢者の所在不明が相次いで明るみに出た。足立区のケースなどでは多額の年金を家族が受給していた。戸籍や住民登録はあるものの、親子の縁や近所とのつながりが断ち切られている現実。新手の詐欺なのか、家族やコミュニティーとの絆が問われているのか。

Facebookでコメントする