メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

司忍・山口組6代目組長の来春出所を前に警察の弱体化作戦は成功するか

写真・図版:司忍・山口組6代目組長の来春出所を前に警察の弱体化作戦は成功するか  暴力団山口組で直参と称する2次団体組長6人を含む7人が2日、宅建業法違反(無免許事業)の疑いで兵庫県警に逮捕された。組長らに神戸市内の「別宅」を販売し無免許で不動産取引をした容疑だが、85人いる2次団体組長の6人一斉逮捕は異例。篠田建市(通称・司忍)山口組6代目組長が銃刀法違反の罪で収監された06年1月から、2次団体組長らが神戸市内に別宅を次々に開設するようになった。一連の捜査は、来年4月に予定される篠田組長の出所前に山口組の弱体化を図る狙いがあると見られる。警察庁は15日、篠田組長が前会長だった2次団体・弘道会の対策会議を開いたが、警察の作戦は成功するのか。

Facebookでコメントする