メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日本女子はなぜレスリングと柔道が強いのか

写真・図版:日本女子はなぜレスリングと柔道が強いのか  9月前半に開かれたレスリングと柔道の世界選手権で、日本女子は男子を上回る成績を残した。金メダルの獲得数は、レスリングが3個、柔道が史上最多の6個。レスリングは全7階級のうち6階級で、柔道では全8階級でそれぞれメダルを獲得した。外国人選手とは体力面での不利が言われがちなスポーツで、日本女子が格闘技で強い秘密は何か。

Facebookでコメントする