メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

秋葉原事件とは何だったのか

写真・図版:秋葉原事件とは何だったのか  7人が死亡した2008年6月の秋葉原無差別殺傷事件で殺人などの罪に問われた加藤智大被告の公判が今年1月から始まり、7月からは被告人質問が進められている。10月5日の第22回公判では精神鑑定の請求が却下され、早ければ年内にも結審する可能性が出てきた。公判で加藤被告は事件直前の派遣契約の解約(派遣切り)が犯行動機であることを否定する一方、「人を殺すのが目的ではなかった」「本音を言えるのはネットしかない。自分が自分でいられる唯一の場所だったネット掲示板に依存していた」などと語っている。裁判の証言などから秋葉原事件や加藤被告の実像をどう見るか。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする