メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

特捜部は解体すべきか

写真・図版:特捜部は解体すべきか  郵便不正事件で押収したフロッピーディスクの改ざん事件をめぐり、証拠隠滅容疑で逮捕された主任検事の前田恒彦容疑者の改ざんを知りながら隠した犯人隠避の疑いで前大阪地検特捜部長の大坪弘道容疑者と前特捜部副部長の佐賀元明容疑者が2日に逮捕され、取り調べが続いている。11日に起訴された前田容疑者は「公判が紛糾するのを避けたかった」と動機を供述しているという。検察トップの責任問題が論じられるなか、特捜部のストーリーに合わせた捜査手法や組織ぐるみでの不正隠蔽の疑惑への批判が噴出している。特捜部は解体すべきか。

Facebookでコメントする