メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

永田洋子死刑囚とは何者だったのか

写真・図版:永田洋子死刑囚とは何者だったのか  連合赤軍の最高幹部だった永田洋子死刑囚が5日、東京・小菅の東京拘置所で多臓器不全のため65歳で死去した。1971年から72年にかけ、群馬・榛名山の山岳アジトで、武装闘争の名のもとに集団リンチを主導し12人の同志を凍死などで死亡させた。この凄惨な内ゲバ殺人で、多くの学生が参加した全共闘運動は完全に終焉に向かい、政治への無関心が広まった。革命を目ざした永田死刑囚はどこで道を誤ったのか。その行為と存在は何を物語ったのか。 ※写真は、永田洋子容疑者(1972年当時)と東京拘置所

Facebookでコメントする