メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

阿久根市の出直し市長選の結果を導いたものとは

写真・図版:阿久根市の出直し市長選の結果を導いたものとは  昨年12月の住民投票で市長の解職が決まった鹿児島県阿久根市の出直し市長選が16日に投票され、新顔の西平良将氏が初当選した。市職員賞与の大幅カットなど議会無視の専決処分を繰り返し3選をめざした前職の竹原信一氏は、市長解職運動を進めた市民団体の元役員で養鶏会社経営の西平氏との一騎打ちに敗れた。竹原氏の行政手法が争点となった出直し市長選の結果をどう読むか。首長と議会の対立が混乱を招き、市民を二分した現状は修復されるのか。 ※写真は無言のまま事務所に入る落選した竹原前市長=16日

Facebookでコメントする