メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

夫婦同姓規定は違憲と訴える主張に理はあるか

写真・図版:夫婦同姓規定は違憲と訴える主張に理はあるか  夫婦別姓を望む男女ら5人が「夫婦が同じ姓を名乗ることを定めた 民法の規定は、個人の尊重を定めた憲法13条や両性の平等を定めた 憲法24条に違反する」として、国を相手取り総額600万円の慰謝料を 求める訴訟を2月中旬に東京地裁に起こす予定だ。民法の規定を国会が改正 しないことで精神的苦痛を受けたことが慰謝料請求の根拠といい、夫婦同姓規定をめぐる 違憲訴訟は初めてといわれる。夫婦別姓が増えるなか、この訴訟をどう受け止めるべきか。  ※写真は、昨年3月に都内で開かれた民法改正を求める集会

Facebookでコメントする