メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

国勢調査の速報値から見えてくるものは

写真・図版:国勢調査の速報値から見えてくるものは  昨年10月に実施された国勢調査の速報値が2月25日に公表された。前回調査の05年に比べ総人口は28万8000人増の1億2805万6000人。05年に合計特殊出生率が1.26と過去最低を記録、06年に試算された将来推計人口では出生率の続落を見込んだが、実際には06年から上昇に転じ、登録外国人の増加もあって日本人の人口減少は予想されたほどではなかった。世帯数は5195万と4.8%増え、1世帯あたりの平均人数は2.46人と最少に。今回の速報値から見えてくる社会や家族の姿とは。 ※写真は、ベッドタウンとして人口増加が著しい横浜市都筑区にある保育園と幼稚園の一体化施設

Facebookでコメントする