メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

今年のプロ野球がいつもと違う理由は

写真・図版:今年のプロ野球がいつもと違う理由は  万年Bクラスの広島が6年ぶりの首位に立ち、本拠地が被災し昨年最下位だった楽天は好調な滑り出しを見せた。新人の斎藤佑樹(日本ハム)=写真=と福井優也(広島)は初登板で初勝利を飾った。選手が全力疾走する場面も目立っている。東日本大震災による影響で開幕が12日に遅れたプロ野球は、いつもの年とは少し異なる表情を示しているようだ。なぜなのか。※写真は、初勝利の試合後、3万8千人のファンで埋まったスタンドにサインボールを投げ入れる斎藤=4月17日、札幌ドーム

このテーマについての記事

Facebookでコメントする