メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

震災が子どもに与えた影響と必要な支援とは

写真・図版:震災が子どもに与えた影響と必要な支援とは 東日本大震災で多くの子どもが被災した。岩手、宮城県の公立学校の 多くは4月20、21日に再開され、始業式をした学校も多かった。震災に よって卒業式が見送られたうえ、避難所生活を強いられて勉強や運動 どころではない子どもたちも少なくない。厚生労働省が4月14日時点で まとめた集計では、両親が死亡したか行方不明になっている18歳未満の 「震災孤児」は岩手、宮城、福島の3県で101人と、阪神大震災の68人を 大きく上回った。震災が子どもたちに与えた影響とは。その克服にはどんな 支援が必要か。 ※写真は、祖母のひざに座る昆愛海ちゃん=岩手県宮古市 写真 昆愛海ちゃん/震災孤児たちの今=4月10日出稿

このテーマについての記事

Facebookでコメントする