メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

震災でネットは役立ったのか

写真・図版:震災でネットは役立ったのか  東日本大震災では発生の直後、携帯電話の通話やメールがつながりにくかった一方、やり取りを順調にできたツイッターに注目が集まった。停電した被災地ではパソコンなどを使えず、ラジオや携帯ワンセグが重宝されたという。ただ、ツイッターもデマの拡散という課題を残した。1995年の阪神・淡路大震災では黎明期だったインターネットの普及が完全に進んだ時期に起こった東日本大震災で、ネットはどのように使われ、役立ったのか。※写真は、群馬県の学生有志が救援物資を募ったツイッターの画面

Facebookでコメントする