メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

被災した地方紙の奮戦と苦闘

写真・図版:被災した地方紙の奮戦と苦闘  未曽有の犠牲者を出した東日本大震災では、被災地の地方紙に とっても体験したことのない厳しい取材と新聞製作を強いられた。地域に 根ざしたメディアとしての使命を担って日々、被災者に寄り添った報道を 続けている。停電などでテレビを見られない避難所では新聞が奪い取るように 読まれて役割が再確認する一方、配達網が寸断され販売部数の落ち込みを 余儀なくされている。 ※写真は、原発事故の続報を伝える新聞を求める規制区域 からの避難者=3月16日、福島県川俣町

Facebookでコメントする