メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

陸山会事件の有罪判決を徹底検証する

写真・図版:陸山会事件の有罪判決を徹底検証する 東京地裁に入る石川知裕被告=9月26日午後1時1分、東京・霞が関、日吉健吾撮影

 小沢一郎・元民主党代表の資金管理団体「陸山会」をめぐる土地取引事件で、政治資金規正法(虚偽記載)の罪に問われた衆院議員石川知裕被告ら元秘書3人に対し、いずれも有罪とする判決が26日午後1時30分から言い渡された。元秘書らの捜査段階の自白調書の多くが証拠として採用されなかったが、土地取引事件の一部で大久保隆規被告が無罪となったのを除き、3被告の無罪の主張が退けられた。10月6日から始まる小沢氏本人の公判にも影響を与えそうな26日の判決内容を徹底分析する。

Facebookでコメントする