メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : コンコルドの飛行を1000km以上離れたスウェーデン北部(イェムテム)で検出したインフラサウンドのデータ。横軸は時間(1997年3月22日 19時~19時30分)、縦軸はシグナルの飛来方向。前半の点が集中しているところがコンコルド起源である。スウェーデン国立物理研究所科学報告書(No 291, 2008年、L. Liszka名誉教授)から抜粋。元のデータはhttp://www.umea.irf.se/maps/で公開されている。

コンコルドの飛行を1000km以上離れたスウェーデン北部(イェムテム)で検出したインフラサウンドのデータ。横軸は時間(1997年3月22日 19時~19時30分)、縦軸はシグナルの飛来方向。前半の点が集中しているところがコンコルド起源である。スウェーデン国立物理研究所科学報告書(No 291, 2008年、L. Liszka名誉教授)から抜粋。元のデータはhttp://www.umea.irf.se/maps/で公開されている。

  • 写真・図版 : コンコルドの飛行を1000km以上離れたスウェーデン北部(イェムテム)で検出したインフラサウンドのデータ。横軸は時間(1997年3月22日 19時~19時30分)、縦軸はシグナルの飛来方向。前半の点が集中しているところがコンコルド起源である。スウェーデン国立物理研究所科学報告書(No 291, 2008年、L. Liszka名誉教授)から抜粋。元のデータはhttp://www.umea.irf.se/maps/で公開されている。