メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 8月25日、「高速横浜環状南線」予定地の地質調査に訪れたNEXCO東日本職員(右奥)を監視する住民たち。沿線住民の根強い反対には背景がある。横浜市は1970年代までに不動産業者に高速道路用地の確保を条件に宅地開発を許可。しかし、不動産業者らは物件説明書に「一般道路予定地」と記載して宅地を販売した。1998年に38名が土地代金の返還を求め市や業者を提訴したが、最高裁で時効を理由に棄却された

8月25日、「高速横浜環状南線」予定地の地質調査に訪れたNEXCO東日本職員(右奥)を監視する住民たち。沿線住民の根強い反対には背景がある。横浜市は1970年代までに不動産業者に高速道路用地の確保を条件に宅地開発を許可。しかし、不動産業者らは物件説明書に「一般道路予定地」と記載して宅地を販売した。1998年に38名が土地代金の返還を求め市や業者を提訴したが、最高裁で時効を理由に棄却された

  • 写真・図版 : 「高速横浜環状南線」予定地(横浜市庄戸3丁目)に隣接する公園。自治会の道路対策部長(写真中央)の岩倉正剛さん他、反対住民100人余りが、2014年8月25日9時から地質調査を始めるというNEXCO東日本の通知を受け取り、抗議に集まった
  • 写真・図版 : 8月25日、「高速横浜環状南線」予定地の地質調査に訪れたNEXCO東日本職員(右奥)を監視する住民たち。沿線住民の根強い反対には背景がある。横浜市は1970年代までに不動産業者に高速道路用地の確保を条件に宅地開発を許可。しかし、不動産業者らは物件説明書に「一般道路予定地」と記載して宅地を販売した。1998年に38名が土地代金の返還を求め市や業者を提訴したが、最高裁で時効を理由に棄却された
  • 写真・図版 : 8月25日、住民の抗議に会い、「いったんは引きます」と告げたNEXCO東日本の斉藤克己工事長。横浜市道路局街路部の中村信治・事業調整課長がその左隣でうつむいている。午後に再び金網を切ってトラックを搬入したが、住民と衝突して再度、準備を中断した。