メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : インドのMars Orbiter Mission(MOM)の探査機本体(真ん中)と、打ち上げに使ったPSLV・ロケットの最上段ケース(両脇)。MOMのヒンズー語の俗称はMangalyaan(マンガルヤーン)で、火星飛行船を意味する。インド宇宙研究機関(ISRO)のAnil Bhardwaj(アニール・バドワジ)博士提供。

インドのMars Orbiter Mission(MOM)の探査機本体(真ん中)と、打ち上げに使ったPSLV・ロケットの最上段ケース(両脇)。MOMのヒンズー語の俗称はMangalyaan(マンガルヤーン)で、火星飛行船を意味する。インド宇宙研究機関(ISRO)のAnil Bhardwaj(アニール・バドワジ)博士提供。

  • 写真・図版 : インドのMars Orbiter Mission(MOM)の探査機本体(真ん中)と、打ち上げに使ったPSLV・ロケットの最上段ケース(両脇)。MOMのヒンズー語の俗称はMangalyaan(マンガルヤーン)で、火星飛行船を意味する。インド宇宙研究機関(ISRO)のAnil Bhardwaj(アニール・バドワジ)博士提供。
  • 写真・図版 : 2013年11月5日に打ち上げられ、12月1日に地球を離脱、それから9ヶ月半の深宇宙航行の間に3度軌道を微調整し、9月24日に大きく減速して火星周回軌道に到着した。インド宇宙研究機関(ISRO)のAnil Bhardwaj博士提供。
  • 写真・図版 : 米国の火星探査機MAVEN(メイブン)=NASA提供