メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 図2:ロゼッタ探査機の軌跡。探査機の遠日点はぎりぎり木星の遠日点の内側にくる。重力加速とは、太陽回りの公転軌道に、重力のある星が現れると、その重力にそって公転軌道が修正され、結果的に地球から見て加速されるメカニズムで、火星・金星以遠のミッションではことごとく使われている。原図©ESA

図2:ロゼッタ探査機の軌跡。探査機の遠日点はぎりぎり木星の遠日点の内側にくる。重力加速とは、太陽回りの公転軌道に、重力のある星が現れると、その重力にそって公転軌道が修正され、結果的に地球から見て加速されるメカニズムで、火星・金星以遠のミッションではことごとく使われている。原図©ESA

  • 写真・図版 : 図2:ロゼッタ探査機の軌跡。探査機の遠日点はぎりぎり木星の遠日点の内側にくる。重力加速とは、太陽回りの公転軌道に、重力のある星が現れると、その重力にそって公転軌道が修正され、結果的に地球から見て加速されるメカニズムで、火星・金星以遠のミッションではことごとく使われている。原図©ESA
  • 写真・図版 : 図1:10月1日から11月15日までの、彗星からみたロゼッタの軌道。着陸時は彗星の自転にロックするように探査機が移動して、図の上の部分から着陸機フィラを投入する。ESA提供のビデオの一コマ。©ESA
  • 写真・図版 : 画像1:ロゼッタ探査機の着陸機フィラの着陸想像図。欧州宇宙機関(ESA)提供。©ESA/ATG medialab
  • 写真・図版 : 画像2:ロゼッタのナビゲーションカメラで8kmの距離から撮影したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の表面。10月18日撮影。ESA提供。©ESA/Rosetta/NAVCAM