メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : ナビゲーション用カメラで捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星からのガス噴出。6月5日、208kmの距離から撮影=欧州宇宙機関提供

ナビゲーション用カメラで捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星からのガス噴出。6月5日、208kmの距離から撮影=欧州宇宙機関提供

  • 写真・図版 : 欧州宇宙機関(ESA)提供の原図を元に筆者が作製
  • 写真・図版 : イオン分析器IMAで検出した水起源のイオン。時間と共に(太陽に近づくとともに)、検出総量が増えるだけでなく、検出する向きが広がっているのが分かる=ハンス・ニールソン博士提供
  • 写真・図版 : ナビゲーション用カメラで捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星からのガス噴出。今年の2月6日、124kmの距離から撮影=欧州宇宙機関提供
  • 写真・図版 : ナビゲーション用カメラで捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星からのガス噴出。6月5日、208kmの距離から撮影=欧州宇宙機関提供