メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 赤軍派の植垣康博(左)と進藤隆三郎が星空の下で語り合うシーンは印象的 (c)若松プロダクション、スコーレ株式会社

赤軍派の植垣康博(左)と進藤隆三郎が星空の下で語り合うシーンは印象的 (c)若松プロダクション、スコーレ株式会社

  • 写真・図版 : 舞台は赤軍派の新倉ベースに革命左派が合流したところから始まる。森恒夫(右から2人目)によって「水筒問題」が提起され、革命左派への批判がスタートする (c)若松プロダクション、スコーレ株式会社
  • 写真・図版 : 赤軍派の植垣康博(左)と進藤隆三郎が星空の下で語り合うシーンは印象的 (c)若松プロダクション、スコーレ株式会社
  • 写真・図版 : 大晦日のごちそうはすいとんだった。この日、総括による初の犠牲者(尾崎充男・享年22)が出てしまう (c)若松プロダクション、スコーレ株式会社
  • 写真・図版 : 最年少の赤軍兵士・加藤元久の役を演じるのは映画と同じタモト清嵐。舞台では、映画になかった兄との別れのシーンが描かれる (c)若松プロダクション、スコーレ株式会社